セッション情報

ポスター

第59回・2014年・神戸
ポスター
ポスター
リン・Ca管理3
開催回
第59回・2014年・神戸

透析液Ca 3.0 mEq/Lと2.75 mEq/Lにおける血液透析中のCaバランスの検討

演題番号 : P-2-529

山田 和弘:1、藤元 昭一:2、福永 慎:1、馬場 明子:1、戸倉 健:1

1:宮崎江南病院 腎疾患透析科、2:宮崎大学医学部附属病院 血液・血管先端医療学

透析液Ca 3.0 mEq/Lと2.75 mEq/Lにおける血液透析中のCaバランスの検討

透析液Ca濃度の変更(3.0mEq/Lから2.75mEq/L)が血液透析患者のCKD-MBD管理に及ぼす影響

演題番号 : P-2-530

植木 研次:1、山田 俊輔:2、辰元 為仁:1、徳本 正憲:2、木村 廣志:3、鶴屋 和彦:1、北園 孝成:1

1:九州大学 病態機能内科学、2:福岡歯科大学、3:福岡腎臓内科クリニック

透析液Ca濃度の変更(3.0mEq/Lから2.75mEq/L)が血液透析患者のCKD-MBD管理に及ぼす影響

無酢酸クエン酸含有重炭酸透析液(C3.0液)の長期使用を奨めない理由~Ca分画の動態から異所性石灰化の危険性を共有する~

演題番号 : P-2-531

伊達 敏行:1、東小野 智:1、松崎 美香:1

1:(医)腎愛会だてクリニック 腎・透析センター

無酢酸クエン酸含有重炭酸透析液(C3.0液)の長期使用を奨めない理由~Ca分画の動態から異所性石灰化の危険性を共有する~

<Debate>透析液Ca濃度変更(2.5→2.75 mEq/L)は許容されるか?~2施設共同研究,K4 Study~

演題番号 : P-2-532

大仲 正太郎:1、山田 俊輔:2、谷口 正智:3、酒匂 哲平:4、徳本 正憲:2、柳田 太平:1、鶴屋 和彦:3、平方 秀樹:4

1:製鉄記念八幡病院 腎臓内科、2:福岡歯科大学 内科学部門、3:九州大学大学院 病態機能内科学、4:福岡赤十字病院 腎臓内科

<Debate>透析液Ca濃度変更(2.5→2.75 mEq/L)は許容されるか?~2施設共同研究,K4 Study~

<Debate>透析液Ca濃度変更(3.0→2.75mEq/L)は許容されるか?~2施設共同研究、K4 Study~

演題番号 : P-2-533

酒匂 哲平:1、山田 俊輔:2、谷口 正智:3、大仲 正太郎:4、満生 浩司:1、徳本 正憲:2、鶴屋 和彦:3、平方 秀樹:1

1:福岡赤十字病院 腎臓内科、2:福岡歯科大学 内科学部門、3:九州大学大学院 病態機能内科学、4:製鉄記念八幡病院 腎臓内科

<Debate>透析液Ca濃度変更(3.0→2.75mEq/L)は許容されるか?~2施設共同研究、K4 Study~