セッション情報

ポスター

第59回・2014年・神戸
ポスター
ポスター
VA/カテーテル2
開催回
第59回・2014年・神戸

新しい抗感染性カテーテルを目指した物理刺激応答型抗菌材料の開発と抗菌性評価

演題番号 : P-2-500

左官 真以子:1、東 慶直:2、大藪 利文:1、古薗 勉:1

1:近畿大学生物理工学部医用工学科 医用工学科、2:近畿大学生物理工学部 食品安全工学科

新しい抗感染性カテーテルを目指した物理刺激応答型抗菌材料の開発と抗菌性評価

カフ型長期留置カテーテルの適応と合併症についての検討

演題番号 : P-2-501

松村 大輔:1、佐藤 英一:1、野村 まゆみ:1、天羽 繭子:1、小出 哲匠:2、川原 賢治:2、小山 由美:2、薄井 敏憲:2、天尾 恵美:2、梶 磨依子:2、鈴木 有紀子:2、中村 司:1

1:新松戸中央総合病院 腎臓内科、2:新松戸中央総合病院 血液浄化センター

カフ型長期留置カテーテルの適応と合併症についての検討

当院の最近の長期留置またはカフ型カテーテル手術症例の検討

演題番号 : P-2-502

戸田 孝之:1、吉嶺 朝陽:1、渡邉 誠之:1、平井 俊行:1、内藤 省太郎:1、松井 則明:1

1:総合病院土浦協同病院 腎センター

当院の最近の長期留置またはカフ型カテーテル手術症例の検討

新しい抗感染性カテーテルを目指したフッ素含有アパタイト材料の開発

演題番号 : P-2-503

宮尾 佳奈:1、東 慶直:2、渡辺 一司:1、吉岡 豊一:1、古薗 勉:3

1:(医)弘正会西京都病院、2:近畿大学生物理工学部 食品安全工学科、3:近畿大学生物理工学部 医用工学科

新しい抗感染性カテーテルを目指したフッ素含有アパタイト材料の開発

カフ型カテーテル挿入患者の自己管理の実態

演題番号 : P-2-504

平谷 はつ子:1、有瀧 悦子:1、中西 理恵:1、中瀬 百合子:1、長谷川 厚子:1

1:三重県厚生農業協同組合連合会 松坂中央総合病院 血液浄化センター

カフ型カテーテル挿入患者の自己管理の実態

バスキュラーカテーテルにおけるチーム医療の重要性~臨床工学技士のカテーテルへの関わり~

演題番号 : P-2-505

小俣 利幸:1、新美 文子:1、高橋 直子:1、吉田 昌浩:1、須田 春香:2、風間 暁男:3、富名腰 亮:4、金子 仁:4、鈴木 俊郎:4、柴原 宏:4、柴原 奈美:5、高橋 進:6

1:JA相模原協同病院 臨床工学室、2:JA相模原協同病院 看護部人工透析室、3:JA相模原協同病院 病理診断科、4:JA相模原協同病院 血液浄化センター、5:橋本みなみ内科本院、6:日本大学大学院

バスキュラーカテーテルにおけるチーム医療の重要性~臨床工学技士のカテーテルへの関わり~

非カフ型カテーテルの接続方法における薬液吸い込みに関する実験的検討

演題番号 : P-2-506

葉 秀寿:1、塚本 功:1、土屋 陽平:1、松田 真太郎:1、島田 啓介:1、長崎 勇介:1、渡辺 裕輔:2、鈴木 洋通:2

1:埼玉医科大学国際医療センター MEサービス部、2:埼玉医科大学国際医療センター 血液浄化部

非カフ型カテーテルの接続方法における薬液吸い込みに関する実験的検討

へばりつき現象発生時における血液流量の圧力連動制御に関する検討

演題番号 : P-2-507

高橋 良光:1、中村 藤夫:1、追手 巍:1、松尾 浩司:2、川村 和子:2、山本 卓:2、風間 順一郎:2、成田 一衛:2

1:新潟医療福祉大学 医療技術学部 臨床技術学科、2:新潟大学医歯学総合病院 第二内科

へばりつき現象発生時における血液流量の圧力連動制御に関する検討

疑似血液・模擬血管を用いた各種バスキュラーアクセスカテーテル使用による静脈血流量と脱血流量の検討

演題番号 : P-2-508

宮坂 武寛:1、村上 泰右:2、井上 晃司:2、佐伯 里詩:2

1:湘南工科大学 工学部人間環境学科、2:姫路獨協大学 医療保健学部臨床工学科

疑似血液・模擬血管を用いた各種バスキュラーアクセスカテーテル使用による静脈血流量と脱血流量の検討

両内頸静脈、両大腿動脈からカテーテル透析が行えずブラッドアクセスに難渋した症例

演題番号 : P-2-509

上田 直和:1、松永 貴弘:1、荒木 英雄:1、野 宏成:2、高木 剛:2、西田 聡:2

1:福井県立病院 腎臓内科、2:福井県立病院 心臓血管外科

両内頸静脈、両大腿動脈からカテーテル透析が行えずブラッドアクセスに難渋した症例