セッション情報

ポスター

第59回・2014年・神戸
ポスター
ポスター
至適透析
開催回
第59回・2014年・神戸

透析不足の改善が栄養状態に与える影響の検討

演題番号 : P-1-463

川邉 慎也:1、平良 昌輝:1、金城 政美:1、桑江 紀子:1、名城 文雄:1、謝花 政秀:1、宮里 朝矩:1

1:(医)八重瀬会 同仁病院 腎センター

透析不足の改善が栄養状態に与える影響の検討

経管栄養患者に対する低効率透析の検討

演題番号 : P-1-464

井原 肇:1、伊藤 隆洋:1、荒牧 仁志:1

1:原病院 透析室

経管栄養患者に対する低効率透析の検討

至適透析の評価におけるKt/V 第2報~GNRI(栄養リスク指標)~

演題番号 : P-1-465

甲斐 正悟:1、綿貫 聖:1、岡本 威志:1、建 ゆかり:1、油布 慶子:1、岩根 美紀:1、武居 光雄:1

1:(医)光心会 諏訪の杜病院

至適透析の評価におけるKt/V 第2報~GNRI(栄養リスク指標)~

循環血液量減少、血圧低下とともに脳内局所酸素飽和度の低下を認めた維持血液透析症例

演題番号 : P-1-466

宮澤 晴久:1、大河原 晋:1、伊藤 聖学:1、植田 裕一郎:1、賀来 佳男:1、平井 啓之:1、星野 太郎:1、森 穂波:1、吉田 泉:1、田部井 薫:1

1:自治医科大学附属さいたま医療センター 腎臓科

循環血液量減少、血圧低下とともに脳内局所酸素飽和度の低下を認めた維持血液透析症例

HD中の運動負荷が運動耐用能及び透析効率改善に及ぼす長期的効果

演題番号 : P-1-467

見世 健太郎:1、木原 恵美:1、神門 美穂:1、沖田 大輔:1、平 賢一:1、野村 泰央:1、田邊 建拓:1、八幡 友宏:1、友成 梨恵:1、有田 和子:1、前田 勝利:1、小田 弘明:1、土井 盛博:2、正木 崇生:2

1:小田内科クリニック、2:広島大学病院 腎臓内科

HD中の運動負荷が運動耐用能及び透析効率改善に及ぼす長期的効果

当院血液透析患者のsingle pool Kt/Vurea (spKt/V)と血清β2-ミクログロブリン(β2-M)濃度

演題番号 : P-1-468

栗山 郁明:1、高島 滉基:1、荒金 孝行:1、奥山 諒祐:1、佐藤 博文:1、関 拓也:1、美留町 勉:1、太田 昌幸:1、清水 正樹:1、田村 由紀子:1、浅野 秀子:1、大塚 正一:1

1:ときわクリニック

当院血液透析患者のsingle pool Kt/Vurea (spKt/V)と血清β<SUB>2</SUB>-ミクログロブリン(β<SUB>2</SUB>-M)濃度

血液流量増量の有用性

演題番号 : P-1-469

川上 知紗:1、三好 大輔:1、石原 卓:1、原田 悠梨:1、大塚 明:1、川上 敦司:1、木曽 光則:1、原田 和博:1、宮島 厚介:1

1:(医)笠岡第一病院タカヤクリニック

血液流量増量の有用性

透析前と後の血清アルブミン値変動に関する要因分析

演題番号 : P-1-470

村上 康一:1、岩崎 雅志:1、鈴木 敏弘:1、白井 厚治:2、正井 基之:2、吉田 豊彦:2

1:(医)誠仁会みはま香取クリニック、2:(医)みはま病院

透析前と後の血清アルブミン値変動に関する要因分析

透析患者を外挿したミニブタ血液透析モデルの確立

演題番号 : P-1-471

加藤 正巳:1、杉浦 隆宏:1、狩野 真由美:1、豊吉 亨:1、太田 隆雄:1

1:株式会社日本バイオリサーチセンター

透析患者を外挿したミニブタ血液透析モデルの確立

高齢透析患者における隔日透析(隔日)の優位性

演題番号 : P-1-472

松本 昭英:1、古田 穣:1、鄭 起孝:1、セレスタ GR:2、藤井 孝祐:3、小瀧 慶長:4、濱 保江:1

1:(医)星晶会 あおい病院 内科、2:(医)星晶会 星優クリニック 泌尿器科、3:(医)星晶会 いたみバラ診療所 泌尿器科、4:(医)星晶会 愛正透析クリニック 内科

高齢透析患者における隔日透析(隔日)の優位性

透析中の血液と排液の溶質濃度変化から算出した溶質除去率の評価

演題番号 : P-1-473

門崎 弘樹:1、堀 純也:2、尾崎 眞啓:2、藤中 正樹:1、丹生 龍平:1、松本 和広:1、長宅 芳男:1、中川 益生:2

1:(医)清陽会 ながけクリニック、2:岡山理科大学 理学部 応用物理学科

透析中の血液と排液の溶質濃度変化から算出した溶質除去率の評価

4hrHDでの低分子蛋白領域物質とPの除去量増加に向けての検討

演題番号 : P-1-474

前田 良輔:1、西岡 善和:1、武智 伸介:1

1:武智ひ尿器科・内科 透析室

4hrHDでの低分子蛋白領域物質とPの除去量増加に向けての検討