セッション情報

口演

第59回・2014年・神戸
口演
口演
PD/合併症2
開催回
第59回・2014年・神戸

重篤なヘルペスウイルス感染症をきたした類天疱瘡合併腹膜透析患者の一例

演題番号 : O-0769

藤井 健太郎:1、脇野 修:1、吉藤 歩:1、鷲田 直輝:1、徳山 博文:1、林 晃一:1、林 松彦:2、伊藤 裕:1

1:慶應義塾大学医学部 内科腎臓内分泌代謝科、2:慶應義塾大学医学部 血液浄化・透析センター

重篤なヘルペスウイルス感染症をきたした類天疱瘡合併腹膜透析患者の一例

長期腹膜透析(PD)患者に生じた左房内calcified amorphous tumor(CAT)の1例

演題番号 : O-0770

田中 章仁:1、水野 正司:1、大島 英揮:2、筑紫 さおり:3、石川 英昭:3、坂田 史子:1、加藤 規利:1、鈴木 康弘:1、勝野 敬之:1、尾崎 武徳:1、小杉 智規:1、坪井 直毅:1、佐藤 和一:1、丸山 彰一:1、松尾 清一:1、伊藤 恭彦:1

1:名古屋大学医学部附属病院 腎臓内科、2:名古屋大学医学部附属病院 心臓外科、3:東海中央病院 腎臓内科

長期腹膜透析(PD)患者に生じた左房内calcified amorphous tumor(CAT)の1例

腹膜透析中に直腸癌を発症し、人工肛門増設後も腹膜透析を継続できた一例

演題番号 : O-0771

首村 守俊:1、樋口 貴士:1、川口 武彦:1、小林 克樹:1、今澤 俊之:1、松本 育子:2

1:国立病院機構 千葉東病院 内科、2:国立病院機構 千葉東病院 外科

腹膜透析中に直腸癌を発症し、人工肛門増設後も腹膜透析を継続できた一例

腹膜透析患者に発症した二次性副甲状腺機能亢進症に対し副甲状腺摘出術を施行した一例

演題番号 : O-0772

服部 優宏:1、三野 和宏:1、後藤 順一:1、土橋 誠一郎:1、飯田 潤一:1、堀江 卓:1、小野寺 一彦:1、古井 秀典:1、玉置 透:1、久木田 和丘:1、目黒 順一:1、米川 元樹:1、川村 明夫:1

1:札幌北楡病院 外科

腹膜透析患者に発症した二次性副甲状腺機能亢進症に対し副甲状腺摘出術を施行した一例

ファブリー腎症による腎不全に対して酵素補充療法と共に腹膜透析を継続中の1例

演題番号 : O-0773

山成 俊夫:1、杉山 斉:1、森永 裕士:1、菊本 陽子:1、大西 章史:1、北川 正史:1、小川 愛由:1、田邊 克幸:1、喜多村 真治:1、前島 洋平:1、槇野 博史:1

1:岡山大学大学院 腎・免疫・内分泌代謝内科学

ファブリー腎症による腎不全に対して酵素補充療法と共に腹膜透析を継続中の1例

20年のCAPD療法後に血液透析へ移行した1例

演題番号 : O-0774

伊藤 正典:1、三好 満:1、片野 健一:1、山岸 瑞希:1、渡辺 望:1、高田 昌幸:1、河野 眞範:1、小松 和人:1、塚原 健治:1

1:福井赤十字病院 腎臓泌尿器科

20年のCAPD療法後に血液透析へ移行した1例