セッション情報

口演

第59回・2014年・神戸
口演
口演
VA/手術4
開催回
第59回・2014年・神戸

自己血管内シャント作成から初回穿刺までは3週間以上の期間をおくべきである (第3報)

演題番号 : O-0715

佐藤 諒:1、福田 道雄:1、荻山 義明:1、不破 大祐:1、磯部 優加子:1、美浦 利幸:1、白澤 祐一:1、吉田 篤博:1、大手 信之:1

1:名古屋市立大学 心臓・腎高血圧内科学

自己血管内シャント作成から初回穿刺までは3週間以上の期間をおくべきである (第3報)

VA(vascular access)作製時期に関する検討

演題番号 : O-0716

宮本 雅仁:1、末木 志奈:1、松井 勝臣:1、櫻田 勉:1、佐藤 雄一:1、柴垣 有吾:1、木村 健二郎:1

1:聖マリアンナ医科大学病院 腎臓病センター

VA(vascular access)作製時期に関する検討

自己血管での内シャント100%を目指して

演題番号 : O-0717

一森 敏弘:1、山本 修三:1、滝下 佳寛:1、田蒔 正治:1

1:たまき青空病院

自己血管での内シャント100%を目指して

バスキュラーアクセス造設部位の選択~上肢シャントへのこだわり~

演題番号 : O-0718

立枩 良崇:1、橋本 悠作:1、三浦 裕子:1、河渡 恒延:1、池田 一則:1、佐藤 元美:1、葛谷 明彦:1、露木 幹人:1、青山 功:1

1:中京病院 腎・透析科

バスキュラーアクセス造設部位の選択~上肢シャントへのこだわり~

動脈表在化バスキュラーアクセスにおけるボタンホール穿刺

演題番号 : O-0719

早川 邦弘:1、田中 博章:1、三輪 真幹:2、新里 高弘:3

1:さつきの森クリニック、2:熱田クリニック、3:大幸医工学研究所

動脈表在化バスキュラーアクセスにおけるボタンホール穿刺

動脈表在化術の工夫

演題番号 : O-0720

小島 善詞:1

1:小島外科胃腸科

動脈表在化術の工夫