セッション情報

ワークショップ

第56回・2011年・横浜
ワークショップ
ワークショップ8
透析患者の薬物適正使用~現状の問題点について考える~
開催回
第56回・2011年・横浜

薬物動態学的理論に基づいた血液浄化療法時の薬物投与設計

演題番号 : WS-8-1

大野 能之:1、山本 武人:1、樋坂 章博:2、鈴木 洋史:1

1:東京大学医学部附属病院 薬剤部、2:東京大学医学部附属病院 薬理動態学

薬物動態学的理論に基づいた血液浄化療法時の薬物投与設計

話題の新薬の適正使用~インクレチン製剤、SGLT2阻害薬、抗インフルエンザ薬、生物学的製剤などについて~

演題番号 : WS-8-2

田中 章郎:1、志水 英明:2

1:中部労災病院 薬剤部、2:中部労災病院 腎臓内科

話題の新薬の適正使用~インクレチン製剤、SGLT2阻害薬、抗インフルエンザ薬、生物学的製剤などについて~

透析患者の循環器合併症~治療薬とその適正使用~

演題番号 : WS-8-3

石井 秀樹:1

1:名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学

透析患者の循環器合併症~治療薬とその適正使用~

抗ヘルペスウイルス薬の上手な使い方

演題番号 : WS-8-4

古久保 拓:1

1:白鷺病院 薬剤科

抗ヘルペスウイルス薬の上手な使い方

薬物の透析性について考える

演題番号 : WS-8-5

門脇 大介:1、平田 純生:1

1:熊本大学薬学部

薬物の透析性について考える

透析のチーム医療における薬剤師の役割 ~看護師の立場から~

演題番号 : WS-8-6

水内 恵子:1

1:福山平成大学 看護学部看護学科

透析のチーム医療における薬剤師の役割 ~看護師の立場から~