セッション情報

ポスター

第56回・2011年・横浜
ポスター
ポスター
VA-モニタリング
開催回
第56回・2011年・横浜

グラフト症例におけるアクセス流量と静脈圧の検討

演題番号 : P-4-057

神澤 太一:1、北村 悠樹:1、英 理香:1、萩原 雄一:1、土田 健司:1、水口 潤:1

1:川島病院

グラフト症例におけるアクセス流量と静脈圧の検討

VAIVTによる循環動態変化の検討

演題番号 : P-4-058

川合 徹:1、宮本 照彦:1、草野 由恵:1、内藤 隆之:2、川合 淳:1

1:(医)中央内科クリニック、2:県立広島病院 腎臓内科

VAIVTによる循環動態変化の検討

シャント音自動波形検出アルゴリズムを用いたVA機能の自動的定量評価の試み

演題番号 : P-4-059

本橋 由香:1、星野 春奈:1、角川 佐保子:1、黒澤 美緒:1、佐藤 敏夫:1、川島 徳道:1、金岡 文志:2、阿岸 鉄三:2、筒石 賢央:3、小見 勝利:3

1:桐蔭横浜大学 医用工学部臨床工学科、2:ふれあい町田ホスピタル、3:中央電子株式会社

シャント音自動波形検出アルゴリズムを用いたVA機能の自動的定量評価の試み

Vascular access(VA)側水分比は長期VA評価のスクリーニングに有用か

演題番号 : P-4-060

上野 幸司:1、菊地 孝典:1、白石 武:1、吉村 章:1、山本 尚史:1、斎藤 孝子:2、佐々木 信博:2、斎藤 修:2、安藤 康宏:2、草野 英二:2

1:(医)宗心会 かわしま内科クリニック 透析室、2:自治医科大学医学部附属病院 透析部

Vascular access(VA)側水分比は長期VA評価のスクリーニングに有用か

Vascular Access( VA )管理におけるシャントエコーの有用性

演題番号 : P-4-061

大崎 博文:1、西川 知穂美:2、稲泉 裕子:2、武田 有平:2、田中 恵子:3、堀井 康弘:4

1:(医)康成会星和台クリニック 検査部、2:大星クリニック 透析室、3:大星クリニック 内科、4:星和台クリニック 内科

Vascular Access( VA )管理におけるシャントエコーの有用性

シャントプロジェクトチームへの臨床検査技師の関わり  ~血管超音波検査を通じて~

演題番号 : P-4-062

久住 真砂子:1、鈴木 浩太:2、内田 広康:2、大山 恵子:1、諸見里 仁:2、大山 博司:1

1:(医社)つばさ 両国東口クリニック 臨床検査科、2:(医社)つばさ つばさクリニック 透析室

シャントプロジェクトチームへの臨床検査技師の関わり  ~血管超音波検査を通じて~

バスキュラーアクセス機能不全検出におけるCL-Gapの有用性の検討について

演題番号 : P-4-063

岩崎 大輔:1、富田 智弘:1、臼井 眞也:1、野口 享秀:1、松岡 哲平:2

1:サンシャインM&Dクリニック、2:(医)社団大誠会

バスキュラーアクセス機能不全検出におけるCL-Gapの有用性の検討について

透析施行時における部位別水分量測定はVascular access(VA)評価に有用か

演題番号 : P-4-064

上野 幸司:1、菊地 孝典:1、白石 武:1、吉村 章:1、山本 尚史:1、斎藤 孝子:2、佐々木 信博:2、斎藤 修:2、安藤 康宏:2、草野 英二:2

1:(医)宗心会 かわしま内科クリニック 透析室、2:自治医科大学医学部附属病院 透析部

透析施行時における部位別水分量測定はVascular access(VA)評価に有用か

当院における4年間のVA管理~再循環率クリアランスギャップ(CL-Gap)と透析効率(Kt/V)の変化, PTA頻度とアクセス形態の変遷について~

演題番号 : P-4-065

辻 晃弘:1、鵜川 豊世武:2、二階堂 まゆみ:1、山根 和美:1、江間 清美:1、浅沼 智子:1、秋田 ナツヱ:1、山本 早織:1、河原 弘之:1、櫻間 教文:3、市場 晋吾:1、氏家 良人:4

1:玉島中央病院 透析センター、2:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 地域医療学講座、3:重井医学研究所附属病院 外科、4:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 救急医学講座

当院における4年間のVA管理~再循環率クリアランスギャップ(CL-Gap)と透析効率(Kt/V)の変化, PTA頻度とアクセス形態の変遷について~

クリアランスギャップと実血流量の関係についての検討

演題番号 : P-4-066

島 敦美:1、佐藤 裕一:1、井藤 江里奈:1、勢馬 功二:1、中澤 美樹:1、藤谷 正史:1、石井 誠之:1

1:(医)欅会東大和南街クリニック 臨床工学科

クリアランスギャップと実血流量の関係についての検討