セッション情報

ポスター

第56回・2011年・横浜
ポスター
ポスター
看護/腹膜透析-3
開催回
第56回・2011年・横浜

PD導入期の蛋白摂取量と生命予後

演題番号 : P-3-292

鈴木 宗光:1、谷 瑞穂:1、浅井 俊子:1、吉野 雪菜:2、木内 孝樹:3、宮下 由紀恵:3、栗山 学:3

1:国際医療福祉大学熱海病院 看護部、2:国際医療福祉大学熱海病院 医事課、3:国際医療福祉大学熱海病院 泌尿器科

PD導入期の蛋白摂取量と生命予後

望まれるPD情報提供とは~看護師による腹膜透析関連情報提供に関する実態調査から~

演題番号 : P-3-293

若松 富貴子:1、平尾 享子:1

1:バクスター(株) 透析製品事業部 クリニカルコーディネーター

望まれるPD情報提供とは~看護師による腹膜透析関連情報提供に関する実態調査から~

血液透析から腹膜透析への移行でQOLが向上した患者への関わり

演題番号 : P-3-294

和田 めぐみ:1、戸高 しのぶ:1、林 紀公子:1、下野 英子:1、小林 尚美:1、棚瀬 みやび:1、田村 博之:1

1:(医)仁済会 豊島中央病院 透析センター

血液透析から腹膜透析への移行でQOLが向上した患者への関わり

当院におけるPD導入期手技習得に関わる問題点

演題番号 : P-3-295

高木 朋子:1、水野 紀代美:2、奥村 かをり:1、浅野 慎介:3、澤崎 貴子:3、川島 司郎:3

1:JA岐阜厚生連 東濃厚生病院 血液浄化センター、2:JA岐阜厚生連 東濃厚生病院 2階病棟、3:JA岐阜厚生連 東濃厚生病院 腎臓内科

当院におけるPD導入期手技習得に関わる問題点

SMAP法を用いることで外来CAPD導入が可能であった1症例

演題番号 : P-3-296

古川 未来:1、岸川 陽子:1、椛島 成利:1、田村 雅仁:1

1:産業医科大学病院 腎センター

SMAP法を用いることで外来CAPD導入が可能であった1症例

PD感染症への患者教育の取り組み

演題番号 : P-3-297

原田 悦子:1、伊勢 康雄:1、田神 典子:1、永田 裕香:1、田邉 厚子:1、宇賀神 ゆかり:3、田山 陽資:2、小川 智也:1、松田 昭彦:1、御手洗 哲也:2

1:埼玉医科大学総合医療センター 人工腎臓部、2:埼玉医科大学総合医療センター 腎・高血圧内科、3:バクスター㈱

PD感染症への患者教育の取り組み

腹膜透析患者への入院中の患者指導の充実を目指して~外来通院中の腹膜透析患者への質問紙調査より~

演題番号 : P-3-298

森 由美子:1、廣原 舞:1、曽根崎 裕子:1

1:大分赤十字病院 西4病棟

腹膜透析患者への入院中の患者指導の充実を目指して~外来通院中の腹膜透析患者への質問紙調査より~

福井県内6施設のCAPDカテーテル出口部ケアの現状と方向性の検討

演題番号 : P-3-299

笠島 美津子:1、加藤 敏江:1、田端 美恵:1、瀧口 千鶴子:1、向井 祥代:2、島田 陽子:2、馬渕 美紀:3、宮木 早百合:4、藤田 桂子:4、高島 節子:4、中村 綾子:5、末岡 翔:5、津田 登代美:6、清水 裕美:6

1:はやしクリニック、2:藤田記念病院 透析センター、3:福井県立病院 血液浄化療法室、4:福井赤十字病院 腎臓・泌尿器・透析センター、5:福井県済生会病院 血液浄化療法センター、6:杉田玄白記念公立小浜病院 透析センター

福井県内6施設のCAPDカテーテル出口部ケアの現状と方向性の検討

透析患者の骨折への関わり

演題番号 : P-3-300

河村 順子:1、大谷 麻岐:1、馬塲 智恵子:1、寺尾 奈苗:1、瀬川 賀世子:1

1:医療法人財団 はまゆう会 王子病院 透析室

透析患者の骨折への関わり

当院CAPD外来における看護必要量の検討

演題番号 : P-3-301

田中 理絵:1、中谷 久美:1、三宅 晴美:1

1:川崎医科大学附属病院 腎センター

当院CAPD外来における看護必要量の検討

繰り返す腹膜炎の原因は、ラインをはさみで切断しているためであった

演題番号 : P-3-302

岩田 貴子:1、荒井 初代:1、小川 正枝:2、板山 奈央子:2、長谷川 美知子:2、桜井 俊宏:2

1:堀江病院 訪問サービスセンターみなみ、2:堀江病院 腎センター

繰り返す腹膜炎の原因は、ラインをはさみで切断しているためであった