セッション情報

口演

第56回・2011年・横浜
口演
口演
穿刺/その他-1
開催回
第56回・2011年・横浜

感染Vascular access の検討

演題番号 : O-1065

辻本 大輔:1、中村 誠志:1、諏訪 惠信:1、塚 芳明:1、畑田 憲吾:1、濱田 信一:2、馬殿 正人:1

1:宝塚病院 内科、2:はまだクリニック 透析科

感染Vascular access の検討

AVG感染症例の検討

演題番号 : O-1066

葛谷 明彦:1、田中 恵美子:1、西尾 文利:1、渡邊 達昭:1、加納 康子:1、佐藤 元美:1、露木 幹人:1

1:社会保険中京病院 腎・透析科

AVG感染症例の検討

30分の圧迫で止血不能な穿刺部からの出血に対するHemostatic HemCon Bandage(以下HHB)の有用性の検討

演題番号 : O-1067

柴田 和彦:1、岩本 彩雄:2、村上 知幸:2、小野 秀二:2、金田 朋子:2、高口 高明:3、薩田 英久:3、西原 正博:4、久慈 忠司:4、川田 征一:4、安田 元:5、戸谷 義幸:5、田村 功一:5、柳 麻衣:5、梅村 敏:5

1:横浜南クリニック、2:横浜市南部病院、3:洋光台セントラルクリニック、4:東神クリニック、5:横浜市立大学附属病院 血液浄化センター

30分の圧迫で止血不能な穿刺部からの出血に対するHemostatic HemCon Bandage(以下HHB)の有用性の検討

バスキュラーアクセスとしての大腿静脈穿刺法の有用性と穿刺手技

演題番号 : O-1068

羽田 一博:1、武田 好広:1、芳賀 淳一郎:1

1:飯塚病院附属有隣病院 腎臓内科

バスキュラーアクセスとしての大腿静脈穿刺法の有用性と穿刺手技

バスキュラーアクセスとしての大腿静脈直接穿刺法の有用性

演題番号 : O-1069

山本 佳子:1、近藤 大介:1、長谷川 尚:1、成田 一衛:2

1:新潟市民病院 腎臓リウマチ科、2:新潟大学医歯学総合病院 第二内科

バスキュラーアクセスとしての大腿静脈直接穿刺法の有用性

エコーガイド下内頚静脈直接穿刺にて管理できた維持透析患者の1例

演題番号 : O-1070

井上 浩伸:1、副島 一晃:1、木村 亜由美:2、吉田 豊:2、川野 洋眞:2、松岡 竜太郎:1、榊田 裕士:1、福井 秀幸:1、原 一正:1、町田 健治:1、白井 純宏:1、渡邊 紳一郎:1、早野 恵子:1、町田 二郎:1、副島 秀久:3

1:済生会熊本病院 腎泌尿器センター、2:済生会熊本病院 臨床工学部、3:済生会熊本病院

エコーガイド下内頚静脈直接穿刺にて管理できた維持透析患者の1例