セッション情報

口演

第56回・2011年・横浜
口演
口演
アフェレシス-3
開催回
第56回・2011年・横浜

骨髄移植患者の敗血症性ショックとエンドトキシン吸着療法:血清プロカルシトニン測定の有用性

演題番号 : O-1041

原 正樹:1、能木場 宏彦:1、森戸 卓:1、岩佐 悠子:1、岡庭 あすか:1、土谷 健:2、新田 孝作:2、安藤 稔:1

1:東京都立駒込病院 腎臓内科、2:東京女子医科大学 第4内科

骨髄移植患者の敗血症性ショックとエンドトキシン吸着療法:血清プロカルシトニン測定の有用性

当院におけるPMX-DHPの現状

演題番号 : O-1042

神村 豊:1、渡邊 智治:1、北川 章充:1、濱口 京子:1、長屋 啓:1、倉田 圭:1

1:公立陶生病院 腎・膠原病内科

当院におけるPMX-DHPの現状

エンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)施行敗血症症例における予後予測因子の比較検討

演題番号 : O-1043

石岡 邦啓:1、岩上 将夫:1、古谷 玲:1、持田 泰寛:1、岡 真知子:1、真栄里 恭子:1、守矢 英和:1、大竹 剛靖:1、日高 寿美:1、小林 修三:1

1:湘南鎌倉総合病院 腎免疫血管内科

エンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)施行敗血症症例における予後予測因子の比較検討

腹部感染症からの敗血症性ショックに対する長時間PMX-DHP療法の施行方法

演題番号 : O-1044

倭 正也:1、和泉 雅章:1

1:関西労災病院 内科

腹部感染症からの敗血症性ショックに対する長時間PMX-DHP療法の施行方法

血漿交換に加えエンドトキシン吸着療法を施行したO-157感染による溶血性尿毒症症候群の1例

演題番号 : O-1045

西岡 亮:1、水島 伊知郎:1、大鐘 邦裕:1、加藤 隆志:1、土山 寿志:2、川野 充弘:3

1:石川県立中央病院 腎臓内科リウマチ科、2:石川県立中央病院 消化器内科、3:金沢大学附属病院 リウマチ・膠原病内科

血漿交換に加えエンドトキシン吸着療法を施行したO-157感染による溶血性尿毒症症候群の1例

血中フィブリノーゲン(Fib)値を考慮した安全なVRAD血漿処理量の検討(第1報)

演題番号 : O-1046

峰松 佑輔:1、江口 圭:3、田岡 幸恵:1、湊 拓巳:1、森 耕平:1、岡田 俊樹:1、峰島 三千男:4、和田 晃:2

1:国立病院機構 大阪医療センター 臨床工学室、2:国立病院機構 大阪医療センター 腎臓内科、3:東京女子医科大学 臨床工学部、4:東京女子医科大学 臨床工学科

血中フィブリノーゲン(Fib)値を考慮した安全なVRAD血漿処理量の検討(第1報)