セッション情報

口演

第56回・2011年・横浜
口演
口演
インターベンション/その他-2
開催回
第56回・2011年・横浜

鎖骨下静脈ステント内再狭窄に対しステントインステントを施行した1例

演題番号 : O-0939

衛藤 聡:1、石村 春令:1、倉田 智:1、斉藤 喬雄:2

1:福西会病院 腎・血管内科、2:福岡大学病院 血液浄化療法センター

鎖骨下静脈ステント内再狭窄に対しステントインステントを施行した1例

拡大鏡使用下に内シャントを造設し、術中術後に血管形成術を施行した1透析症例

演題番号 : O-0940

菅生 太朗:1、小藤田 篤:1、秋元 哲:1、宮本 直志:2、小倉 学:1、安藤 康宏:1、武藤 重明:1、湯村 和子:1、草野 英二:1

1:自治医科大学附属病院 内科学講座腎臓内科部門、2:社団聖医会ことうだ腎クリニック 外科

拡大鏡使用下に内シャントを造設し、術中術後に血管形成術を施行した1透析症例

シャント造設後早期にVAIVTを施行し良好なアクセスとして使用可能であった自己血管内シャントの検討

演題番号 : O-0941

末木 志奈:1、宮本 雅仁:1、中野 信行:1、松井 勝臣:1、櫻田 勉:1、佐藤 雄一:1、柴垣 有吾:1、安田 隆:1、木村 健二郎:1

1:聖マリアンナ医科大学 腎臓病センター

シャント造設後早期にVAIVTを施行し良好なアクセスとして使用可能であった自己血管内シャントの検討

コメディカル穿刺による手術件数の減少と,シャントPTA件数の増加

演題番号 : O-0942

奥田 憲太郎:1、足立 陽子:1、西尾 晃:1

1:神戸中央病院 内科

コメディカル穿刺による手術件数の減少と,シャントPTA件数の増加

無名静脈の外因性圧迫によりシャント肢の静脈高血圧症を呈し、ステント留置が著効した2例

演題番号 : O-0943

長谷川 善之:1、出 友美:1、鶴田 絹代:1、玉井 路加子:2、斉藤 喬雄:3

1:はせ川クリニック 腎透析センター、2:済生会二日市病院 腎臓内科、3:福岡大学医学部 腎臓・膠原病内科

無名静脈の外因性圧迫によりシャント肢の静脈高血圧症を呈し、ステント留置が著効した2例

静脈高血圧症に対するPTAにポリグラフが有用であった一例

演題番号 : O-0944

上田 寛朗:1、樋口 輝美:2、水野 真理:2、高崎 智也:1、榎本 伸一:1、志村 暁人:3

1:敬愛病院 臨床工学科、2:敬愛病院 腎臓内科、3:敬愛病院 放射線科

静脈高血圧症に対するPTAにポリグラフが有用であった一例