演題情報

シンポジウム

開催回
第62回・2017年・横浜
 

長期成績に影響する合併症と対策

演題番号 : SY-04-5

石井 大輔:1、吉田 一成:2、竹内 康雄:3、岩村 正嗣:1

1:北里大学泌尿器科、2:北里大学臓器移植・再生医療学、3:北里大学腎臓内科

 

近年における腎移植ではCNI を中心とした免疫抑制療法の進歩により,急性拒絶反応の発生頻度が低下し腎移植後早期の成績は改善してきている.一方で中長期の成績に目を向けると生着率は改善してきているもののまだまだ十分な成績とは言えない.移植腎の機能喪失,廃絶の主な原因は免疫学的要因である慢性拒絶反応であるが非免疫学的な要因であるCNI による腎毒性や悪性腫瘍の発生,長透析合併症の影響,メタボリックシンドロームに代表される代謝異常症も移植腎の長期生着を妨げる要素である.またドナーの要因も生着率に大きく寄与しておりドナーの年齢や体格,献腎移植の場合は脳死,心臓死,またその死亡原因なども長期成績に寄与していると思われる.腎移植の長期生着率を高めるためには移植患者本人の自己管理に加えて医療者と共に改善できる要因も存在する.最近ではCNI 毒性を減少させるためmTOR 阻害薬が期待されており報告されている.またRTC,管理栄養士による栄養指導,薬剤師による内服状況の確認,内科医師による生活習慣病の予防や対策などをチームとして対応することで情報共有や管理目標を設定でき今後の長期成績の改善に期待が寄せられる.悪性腫瘍の発生の対策も長期成績に寄与する重要な要因である.定期のがん検診と早期治療,抗腫瘍効果が期待できる免疫抑制剤の選択等が重要であると考えられる.また移植患者は慢性腎不全による透析を経て移植手術をおこなっていることが多く,特に長期血液透析に伴う合併症を有していることが長期成績に影響していると報告されている.そのため透析を経ずに移植を行う先行的腎移植が注目されており,その良好な成績のため腎臓内科医などとの連携により症例数が増加してきている.このように免疫学的要因以外の医療者が携われる要因が多岐にわたり存在し今後の移植成績の向上が期待されている.

前へ戻る