演題情報

ポスター

開催回
第62回・2017年・横浜
 

国際医療機能評価機関Joint Commission International(JCI)認証取得にて国際的評価を得た透析室の取り組み

演題番号 : P-1-276

藤村 久美子:1、佐藤 武志:1、川東 和美:1、水沼 隆典:1、平良 博美:2、小野寺 深雪:2、石黒 喜美子:3、福田 誠一:3、佐藤 敦久:3

1:国際医療福祉大学三田病院ME室、2:同看護部、3:同腎臓・高血圧内科

 

【背景】2015 年12 月にJCI 認証を取得した.認証取得を受けた病院は本邦で19 施設に上り今後更に国際標準を満たすため施設の増加が予想される.
【目的】JCI 認証取得のための透析室での取り組みと課題を報告する.
【方法】準備過程での取り組みの経過と課題からの改善点を示す.
【結果】1220 評価項目のうち透析室の関わる事項の課題を抽出し,カンファレンスを重ね情報の共有化を図り,環境整備・品質管理から感染の意識改革・緊急時対応まで幅広く確認と改善を行った.
【考察】認証取得は透析室の更なる安全と質の向上に繋がった.病院としてJCI 承認に値する高い水準で取り組んでいると最高評価を得た.しかし指摘を受けた課題も含め更なる改善と現状維持していく事が国際的評価を認められた施設としての責務である.
【まとめ】JCI 認証取得により環境整備や意識改革を行い,医療の質と安全性の向上に繋がったものと考える.

前へ戻る