演題情報

ポスター

開催回
第62回・2017年・横浜
 

当院におけるOnline HDFの導入経験

演題番号 : P-1-239

林 秀樹:1、喜多 秀仁:1、上野 恵輝:1、水田 耕治:1、橋本 寛文:1、桑原 守正:2

1:吉野川医療センター泌尿器科、2:阿波病院泌尿器科

 

【目的】2015 年5 月に病院新築移転が完了し,7 月よりonline HDF(OHDF)を導入する機会を得たので,OHDF の有用性について臨床的検討を行った.
【対象・方法】当院の透析患者50 名.男性;30 名,女性;20 名.OHDF 導入時年齢;48.4 ~79.3 歳(中央値68.3 歳),透析歴;1.1 ~24.7 年(中央値7.6 年).これらを対象に(1)循環動態(治療中の血圧変化率,QB,除水量,CTR),(2)効率(BUN 除去率,KT/V),(3)栄養状態(nPCR,GNRI)について,2015 年5 月~7 月(HD)と2016 年5 月~7 月(OHDF)との比較検討を行った.
【結果】(1)血圧変化率,QB,除水量はOHDF で有意に改善した.(2)BUN 除去率,KT/V はOHDF で有意に改善した.(3)nPCR,GNRIはOHDF で有意に悪化した.
【考察】OHDF で安定した循環動態が得られ,結果的に効率の改善につながったと考えられる.栄養状態に関してはヘモダイアフィルタの適切な選択や,栄養指導の再考が必要である.

前へ戻る