演題情報

ポスター

開催回
第62回・2017年・横浜
 

前希釈on-line HDFは,腎性貧血を改善させる

演題番号 : P-1-226

田中 宏紀:1、斉藤 孝雄:1、河村 利佳:1、山之内 大輔:1、増田 奈美:1、池ケ谷 里枝:1、小山 明子:1、稲葉 明美:1、勝又 廣重:1

1:(医)泰成会みずほ腎クリニック臨床工学部

 

【目的】Erythropoietin Resistance Index(以下ERI)を用いてHD 施行時と前希釈on-lineHDF(以下O-HDF)施行時の比較を行った.
【方法】安定した維持透析患者7 名(年齢65.57±9.61 歳,透析歴6.73±9.53 年,原疾患DM4 名,CGN1 名,その他2 名)を対象に,HD からO-HDF に移行前3 ヶ月間平均と移行後3 ヶ月毎の平均を12 か月間に渡りERI を比較した.対応のあるt 検定を用いてP ≦ 0.05 で有意差ありとした.
【結果】ERI は,O-HDF 移行前−3 ~−1 ヶ月間(5.55±3.82),O-HDF移行後1 ~3 ヶ月間(4.78±4.07),4 ~6 ヶ月間(4.35±3.03),7 ~9ヶ月間(4.29±4.03),10 ~12 ヶ月間(4.98±4.29)であった.HD からO-HDF 移行の12 ヶ月の期間において,HD に比し低下傾向が見られ,4 ~6 ヶ月間のみ有意差を認めた.
【考察】O-HDF は,腎性貧血に寄与しないという報告が散見される.当院ではHD に比べO-HDF 移行後低下傾向が見られ,4 ~6 ヶ月間のみ有意差を認めた.O-HDF は,腎性貧血の抵抗性を低下させる可能性を示唆していた.

前へ戻る