演題情報

口演

開催回
第62回・2017年・横浜
 

病院内における腎不全医療への理解、発展させるために~院内認定腎不全看護師育成の試み~

演題番号 : O-0561

金城 政美:1、吉浜 佳菜子:1、宮城 尚子:1、中村 和江:1、大嶺 みさと:1、仲村 みさき:1、川邉 慎也:1、平良 昌輝:1、東江 東真:1、桑江 紀子:1、謝花 政秀:1、宮里 朝矩:1

1:(医)八重瀬会同仁病院腎センター

 

【はじめに】腎センター以外の各病棟スタッフにおける腎不全治療を向上させる目的で院内認定腎不全看護師育成講座を開始した.
【期間】平成27 年5 月~平成29 年1 月
【対象】講師および受講者D 病院に勤務する臨床工学技士,看護師および准看護師
【方法】1)腎不全看護10 回シリーズ講義(1 回講義120 分,1 か月毎)2)アンケート結果
【結果】講義毎に小テストを行い,講義の理解度を深めることが出来,最終的な総合テストの際には80%以上の正解率を得られた.受講者のアンケート結果では,予想以上の満足度と腎疾患に対する理解が得られたと思われた.
【考察】院内認定腎不全看護師育成講座を始めることにより,院内の腎不全に対する理解が深まり更に,CKD 患者の治療向上に繋がると思われた.
【結論】院内認定腎不全看護師育成講座は,医療施設の腎不全治療に対する底上げすることが出来た.

前へ戻る