演題情報

口演

開催回
第62回・2017年・横浜
 

間歇補充型HDFと前希釈Online-HDFとの臨床効果の比較

演題番号 : O-0506

下山田 祐介:1、博多 宏之:1、千葉 法男:1、川島 洋一郎:1、荒 隆一:1

1:(医社)埼仁会埼仁クリニック蕨

 

【目的】東レ社製ヘモダイアフィルターTDF-20HV を用いた間歇補充型HDF(I-HDF)と前希釈Online-HDF(O-HDF)の臨床効果について比較検討した.
【方法】維持透析患者から10 人を対象とし,血液検査結果,排液検査結果,愛Pod による自覚症状調査,透析中血圧の項目についてI-HDF とO-HDF でクロスオーバーにて比較検討を行った.
【結果】小分子物質は両群間に有意差はなかった.O-HDF はI-HDFに比べβ2-MG の除去率,α1-MG の除去量に対して有意に高値を示した.また,Alb 漏出量では,O-HDF 1.76±0.14g,I-HDF 1.39±0.15gとなった.血圧は,透析開始から2,3 時間でI-HDF が有意に高値を示した.処置回数もO-HDF に比べI-HDF のほうが少ない回数となった.
【考察】I-HDF はO-HDF に比べ,透析中の処置回数の減少と血圧維持に同等以上の効果があり,Alb 漏出量も抑えられる為,高齢者や栄養状態に問題のある患者に対して安定した治療法の1 つと考えられる.

前へ戻る