演題情報

口演

開催回
第62回・2017年・横浜
 

前希釈 on-line HDFにおける透析低血圧に対する改善効果について

演題番号 : O-0505

前田 純:1、松永 直子:1、下里 真弘:1、加藤 清也:1、柴田 昌典:2

1:光寿会春日井病院、2:光寿会リハビリテーション病院

 

【目的】HDF 治療には透析低血圧の改善効果が期待される.HD 治療からHDF 治療へ変更し,透析低血圧の改善効果につき検討したので報告する.
【対象・方法】当院にて前希釈 on-line HDF を施行している122 名(年齢:69.0±13.6 歳,体重:54.3±13.1kg,透析歴:93.8±72.0 か月,置換液量:41.8±10.4L) を対象に, 変更前後3 か月で収縮期血圧30mmHg 以上の低下した症例,及び100mmHg 以下に低下した症例の割合を算出し比較検討した.また年齢別,疾患別の検討も行った.
【結果】30mmHg 以上低下した症例は,変更前では24.5%から3 か月後に21.0%へ有意に減少した(p < 0.05).100mmHg 以下に低下した割合は,変更前後で変化は見られなかった.さらに80 歳以上(n=29)に限定すると,30mmHg 以上低下した症例は変更前の24.6%から3か月後では20.0%と有意に減少した(p < 0.05).
【考察】HDF 治療は80 歳以上の高齢患者においても透析低血圧に対する効果が期待できると考えられた.

前へ戻る