演題情報

教育講演 ベーシック

開催回
第62回・2017年・横浜
 

血液透析療法における抗凝固法の臨床

演題番号 : ELB-16-2

山下 芳久:1

1:埼玉医科大学保健医療学部医用生体工学科

 

血液透析療法では血液の体外循環を用いるため,血液が血管の外に出るということと,血液回路や血液透析器などの人工材料との接触,空気との接触や血液ポンプなどの物理的刺激など,様々な要因によって血液は刺激され,血液凝固系が活性化して凝固が進行する.この血液凝固を止めて(遅らせて)血液の体外循環をスムーズに行わせるためには抗凝固薬が必須となる.その抗凝固薬の種類や投与量,投与方法を患者毎に適正に調整して血液透析療法を行うことがとても重要である.そのためには各種抗凝固薬の特徴を十分に理解して使用する必要がある.本邦で現在,血液透析療法に使用されている抗凝固薬は,ヘパリン,低分子ヘパリン,ナファモスタットメシル酸塩,アルガトロバンの4 種類である.本教育講演では,この抗凝固薬の特徴や具体的使用法についてわかりやすく解説する.ヘパリンは,使用方法として全身ヘパリン化法,局所ヘパリン化法(プロタミン含む),限外ヘパリン化法,無ヘパリン化法があり,投与方法としてプライミング時投与,開始時投与,持続投与(間歇投与)があり,投与量として各種投与方法の適正使用量を決める必要がある.その投与量を決める上で抗凝固の指標に用いられる各種凝固時間測定法(ACT など)についても述べる.低分子ヘパリンは,ヘパリンとの比較(違い),単回投与法を含めた投与方法と具体的な注入方法(部位),投与量,適正な凝固モニタは無いこと,各種低分子ヘパリンは同じではないなどを述べる.ナファモスタットメシル酸塩は,体外循環部分のみの抗凝固であること,具体的投与方法と投与量,回路部位によりACT が異なること,透析膜の透析性と吸着性などを述べる.アルガトロバンは,具体的な投与方法と投与量,その特徴について述べる.また,各種投与法のACT の経時的変化,各種抗凝固薬の持続投与法のみにおける最低必要投与量とACT の経時的変化,各種抗凝固モニタの比較,各種透析膜素材におけるヘパリン最低必要投与量,体外循環回路凝固の判定法など血液透析療法における理想的な抗凝固法について解説したいと思う.

前へ戻る