演題情報

ポスター

開催回
第60回・2015年・横浜
 

送迎時における情報伝達の諸問題に対する当院の取り組み

演題番号 : P-3-643

齊藤 まさ子:1、栗本 義直:1、石川 卓司:1

1:(医)社団東京石心会昭島腎クリニック

 

【目的】
通院送迎における透析患者の日常的変更事項に対し、送迎担当者へ確実に情報が伝達出来る「情報伝達の見える化」を実施し、送迎時における諸問題の解決にあたった
【方法】
送迎担当者から聞き取り調査を実施。通院送迎時に必要な情報の明確化と問題点を抽出し、Filemaker-Proを活用した「情報伝達の見える化」を実施した
【結果・考察】
Filemaker-Proによる院内システムの活用に送迎情報を組み入れることで情報伝達が容易になり、送迎担当者へ正しい情報の伝達が出来るようになった。
高齢の送迎担当者が安全な送迎を実施して行く上では、高齢透析患者に対する関心を高めるための職員教育、情報伝達システムの構築、環境づくり、他部署との有効な連携が必要である

前へ戻る