演題情報

ポスター

開催回
第60回・2015年・横浜
 

FIX-210Secoの性能評価

演題番号 : P-3-416

福井 隆宏:1、杉本 聰:1、高橋 由美子:1、山本 由佳:1、武本 真澄:1、藤原 悠:1、岡部 傑:1、村井 誠三:1

1:(医)飯田橋村井医院

 

【目的】今回、ニプロ社製のヘモダイアフィルターFIX-210Seco(以下FIX)と当院で従来からオンラインHDF(以下OHDF)ヘモダイアフィルターとして使用しているニプロ社製MFX-21Ueco(以下MFX)で溶質除去特性について比較検討した。
【方法】安定維持透析患者6名を対象とし、FIXとMFXをクロスオーバーで2週間ずつ使用した。条件は透析時間240min、QD500ml/min、QS200ml/min、QB250ml/minの前希釈OHDFとした。評価項目はUN、Cr、P、α1-MG、β2-MGの除去率、除去量、クリアスペース(以下CS)、ALB漏出量で比較検討した。
【結果】小分子量領域は除去率、除去量、CSで両者間での差を認めなかった。除去率ではβ2-MGとα1-MGがMFXで有意に高かった。除去量、CSではMFXが有意に高値を示した。ALB漏出量はFIXが有意に低値を示した。
【考察】FIXはα1-MGとβ2-MGの除去がMFXに比べてやや劣るが、ALB漏出量を抑えたい患者には適していると考える。

前へ戻る