演題情報

ポスター

開催回
第60回・2015年・横浜
 

ファインフラックスFIX-Secoの性能評価

演題番号 : P-3-414

金野 琢磨:1、石曽根 宏輔:1、森川 元気:1、小田島 英明:1、花岡 美奈子:1、阿部 重一:1、岩尾 總一郎:1、高木 政雄:2、前川 貢一:2、篠崎 伸明:2

1:(医)社団茅ヶ崎セントラルクリニック、2:(医)徳洲会湘南藤沢徳洲会病院

 

【目的】
ニプロ社製ファインフラックスFIX-210Seco(以下FIX)は従来のトリアセテートを非対称構造にした新型ATA膜のヘモダイアフィルタである。この溶質除去特性と生体適合性についてマキシフラックスMFX-21Seco(以下MFX)と比較検討した。
【対象・方法】
維持透析患者4名を対象に、条件は後希釈オフラインHDF
QB=250mL/min、QD=450mL/min、補液量10L、4時間透析とした。評価項目は除去率、除去量、クリアスペース、アルブミン漏出量、TMP、WBC、Pltの経時変化とした。
【結果】
除去性能、アルブミン漏出量は両者とも有意差は見られなかった。一方、各時間の除去量においてFIXは分子量が大きくなるほど経時変化が抑えられた。TMPはMFXと比べ緩やかな経時変化を示した。生体適合性について有意差は見られなかった。
【結語】
FIXはファウリングの少ないヘモダイアフィルタであった。

前へ戻る