演題情報

ポスター

開催回
第60回・2015年・横浜
 

ESA抵抗性貧血に対して前希釈オンラインHDFにより改善を認めた1症例

演題番号 : P-3-160

安藤 雅泰:1、月田 真祐子:1、池田 志織:1、針谷 貴子:1、小畑 敬子:1、吉田 弘明:1、小林 さつき:1、松本 孝之:1、坂本 龍彦:1、植木 嘉衛:1

1:(医)社団三思会東邦病院腎臓透析センター

 

【症例】88歳男性。原疾患不明の慢性腎不全にて維持透析中であった。透析開始より約1年後に当院紹介され、その際Hb6.0~7.0g/dL台の貧血を認めた。原因を精査するもはっきりせず、腎性貧血に対してESA剤をダルベポエチンα120μg/週まで上げるも改善に乏しかった。その後、レボカルニチン投与やESA剤変更(エポエチンβ・ぺゴルやエポエチンβ)を試みるも同様であった。そこで、HDより前希釈オンラインHDF変更したところ徐々に貧血改善傾向を認め、Hb9.0~10.0g/dL台で安定するようになった。
【考察】現在、前希釈オンラインHDFでの貧血改善効果、ESA抵抗性改善については一定の見解は得られていない。しかし本症例のように貧血の改善を認めた例も報告されており、ESA抵抗性貧血に対して前希釈オンラインHDFは有効な治療の選択肢となりうることを文献的考察を交えて報告する。

前へ戻る