演題情報

ポスター

開催回
第60回・2015年・横浜
 

タブレットPCとMS-ACCESSを使用した保守管理システムの構築

演題番号 : P-3-015

細江 紀文:1、後藤 卓也:1、坂内 幸子:1、清水 隆一:1、石田 治:1

1:(医)生寿会かわな病院透析センター

 

【目的】
今まで当院では機器のメンテナンス記録を紙ベースで管理してきた。
業務効率の改善の為、タブレットPCとMS-ACCESSを使用しメンテナンス記録をPC上で一元管理することに取り組み、有効性について検討した。
【方法】
デスクトップPCにテーブルを作成し、タブレットPCより入力したメンテナンス記録をテーブルへ記録していくシステムとした。またメニューより管理マニュアルも閲覧できるようにした。
【結果】
時系列でデータが見れるようになり、メンテナンス記録用紙を作成していく作業がなくなった。これまで作成したマニュアルをタブレットPCから閲覧できるようになり、管理マニュアルのファイルを持ち歩かなくてもよくなった。
【考察】
以前より当院ではMS-ACCESSを使用していたためタブレットPCだけの購入でシステムを構築することができた。今後、入力フォームを、より入力しやすいように改良していく必要がある。

前へ戻る