演題情報

ポスター

開催回
第60回・2015年・横浜
 

前田記念新横浜クリニック透析患者の痒み実態調査

演題番号 : P-1-217

佐藤 孝子:1、志村 智子:1、神田 文義:2、前田 貞亮:3

1:(医)社団前田記念会前田記念腎研究所新横浜クリニック看護部、2:(医)社団前田記念会前田記念腎研究所新横浜クリニック内科、3:(医)社団前田記念会前田記念腎研究所武蔵小杉クリニック内科

 

【目的】透析患者にとって痒みはQOLを左右する重要な因子である。透析患者の痒みの実態を調査するため1年間アンケートをとり、その状態と対策を考える。
【対象と方法】当院維持透析患者67名(男46名、女21名)にH13年12月~H14年11月の1年間痒みのアンケート調査を行いその結果を集計。「痒み」の程度は掻痒の重症度白鳥分類より引用した「かゆみチェックリスト」を使用した。
【結果】痒みは1年間無し:30.8%、有り:69.2%であった。痒みの程度をスコア0(無)~スコア4(激強)の5段階で表す。3~4の患者は同一患者だった。0~2の患者は変動し、夏場に0、冬場に1~2の回答が増加した。また、強い痒みは、導入から5年未満の患者に多く表れた。
【考察・結論】透析導入から患者個々にあった対処・治療を検討し、特にセルフケア取得に向けた積極的な指導が重要である。

前へ戻る