演題情報

口演

開催回
第60回・2015年・横浜
 

NIPRO社製 FIX-Sの使用経験

演題番号 : O-0915

尾崎 裕之:1、奥上 麻貴:1、七牟禮 啓行:2、山野 秀仁:3

1:(医)彩樹守口けいじん会クリニック透析室、2:(医)彩樹門真けいじん会クリニック、3:(医)彩樹寝屋川けいじん会クリニック

 

【背景・目的】
透析患者のOHDFではTMP上昇の問題が懸念される。新たなヘモダイアフィルタを検証する機会を得たので報告する。
【対象・方法】
対象は維持透析患者9名。4hOHDF、QB;220~250ml/min、TQd;700ml/min、QS;200ml/min。
MFX-15SとFIX-150Sを2週間ずつクロスオーバーで使用し、クリアランス・除去率・除去量・TMPの推移を経時変化も含め評価を行う。
【結果】
小分子量物質・低分子量蛋白 除去率はMFXが やや高値だった。Alb総漏出量で両者に差はなかったが、経時変化においては開始0~30分で、MFX;539mg,FIX;334mg とMFXが高値であった。30~120分で両者にほとんど差は認めず、120分以降でMFXが低値であった。TMPの変動において、120分までは両者に大きな差は認めなかったが、180分でMFX;214mmHg,FIX;170mmHg、240分でMFX;221mmHg,FIX;193mmHg と、FIXが低値であった。
【考察】
FIXはTMPの上昇を抑え、開始時のAlb漏出量がMFXと比べ低値である事で、循環動態改善の一助になった可能性がある。

前へ戻る