演題情報

ワークショップ

開催回
第60回・2015年・横浜
 

急性腎障害犬3例の血液透析

演題番号 : WS-09-3

麻生 暁秀:1

1:Animal Care-Hospital ALOHA

 

【はじめに】
動物での血液透析の歴史は浅く、まして日本では血液透析をおこなえる動物病院が非常に少ないのが現状である。今回、犬の急性腎障害(AKI)に対して血液透析をおこなった3症例について報告する。
【症例1】雑種犬、4歳、去勢オス、8kg
熱中症に対する多臓器不全という主訴で紹介により来院。来院時の血液検査では貧血と血小板減少、黄疸、肝酵素の上昇、BUN、Cre、CRPの上昇が認められた。翌日まで静脈輸液をおこなうも、尿量が0.6ml/Kg/hと乏尿を呈し、過水和に伴う体重上昇、腹水が認められ、BUN・Creも上昇したため、血液透析を実施。
【症例2】ラブラドールレトリバー、11歳、避妊メス、32kg
免疫介在性血小板減少症で治療中、急激に貧血が進んだため血液型とクロスマッチを確認後輸血実施したが、翌日に急性溶血液輸血副反応(AHTR)を発症。AHTRに伴うDICとAKIも発症した。DICの治療と同時に血液透析実施。
【症例3】ミニチュアダックスフンド、9歳、オス、5kg
AKIと乏尿を主訴に紹介により来院。来院時には過水和による腹水の貯留と後大静脈の拡大が認められた。利尿に対する反応が悪く、過水和状態のため血液透析を実施。
【結果】症例1では尿のPCRでLeptspira hebdomadisと診断された。7回の血液透析後、尿量が急激に増加したため輸液療法に移行し、そのまま透析から離脱し回復した。
症例2では透析によりBUNの上昇は抑えられたが、尿量は増加せず、また黄疸も徐々に進行し、第10病日に死亡した。
症例3は第9病日くらいから尿量が増加したため、一旦透析を中止したが、その後のリバウンドが重度だったため透析を再開。途中不均衡症候群と思われる症状も出たが最終的に合計20回の透析後、透析から離脱した。
【まとめ】今回3例のAKIの犬の血液透析を実施したが、LeptospiraによるAKIで乏尿を呈した症例の血液透析実施前は非常に死亡率の高い疾患であった。しかし血液透析を実施し始めてからの救命率は非常に高く、動物においても血液透析は有効な治療と考えられた。動物の血液透析の場合、費用が治療の継続を決める重要なファクターとなり、当院では透析を開始して1週間を予後判定の期間としている。しかし症例3のように20回の透析後に離脱する症例も経験し、今後透析実施の基準や予後の判定など症例の蓄積が必要と考えられた。

前へ戻る