演題情報

ワークショップ

開催回
第59回・2014年・神戸
 

末梢循環モニタリングによるStability indexの臨床的意義

演題番号 : WS-12-3

庭山 淳:1

1:住吉クリニック病院 血液浄化療法部

 

Stability index(SI)とは、組織微小血管運動を測定できる高性能レーザ組織血流計により導き出される血液浄化療法の安定化指数である。この安定化指数は、設定された時間軸の範囲にある血液浄化療法施行の安定・不安定を評価するモニタリングである。透析開始時点の患者は、例え血液浄化療法条件が正しく設定されていたとしても血液浄化療法開始時点の体重増加、食事、肉体疲労、感染、気象条件…など、体外循環式血液浄化療法に影響を及ぼす因子は未知数である。従って一度として同じ血液浄化療法は存在せず、たえず変化する。SIは、様々な条件の影響を受け変化を評価し先行きを予測する手法としては、適切な評価方法であり、我々は透析療法施行中の急激な血圧変動とSI変動を評価演算しモニタリングとして臨床応用した。我々の開発したSI評価方法は、2つの要素から構成される。1つはリアルタイムトレンドグラフ(RTG)である。これは、ラグタイムを生じる事無く次の瞬間に起きる可能性が高い血流動態の傾向・予測を可能とした。もう1つは頭部SI(H-SI)である。RTGに比しH-SIは一定時間軸で評価する手法である。再現性が高く、過去のデータとの比較検証が可能で、定量評価が容易である。これら2つの手法をモニタリングすることにより、患者個人の至適血液浄化療法設定施行が可能となる。両者共に組織血流動態変化率を連続モニタしたデータを用いるため、近似的に10%の変動が血流動態に影響を及ぼす結果が得られた。即ち臨床に使用可能なショックモニタである。今回は、開発経緯を概説するとともに、SI理解に至るまでの考え方、原理、機材、結果に、未来像を示す。

前へ戻る