演題情報

ポスター

開催回
第59回・2014年・神戸
 

病院移転に伴う電子カルテ・透析通信システム(FNW)導入に向けた取り組み~操作手順の作成と情報共有を通して~

演題番号 : P-3-649

正路 万紀子:1、小川 味和:1、速水 恵:1、早川 理恵:1、上坂 ひとみ:1

1:兵庫県立淡路医療センター 血液浄化センター

 

【目的】移転、電子カルテ・FNW導入に伴う不安が軽減し、円滑な導入と安全な血液透析が行える。
【方法】スタッフのアンケート調査より移転前後の問題や不安を把握した。移転前は他施設を見学、FNWデモ機を使って操作体験を実施した。それを基に電子カルテ・FNWの当院操作手順を作成した。移転後は情報共有ファイル、電子カルテ・FNW操作・統一項目ファイルを作成し、手順と情報共有を行った。
【結果】アンケートでは電子カルテ・FNW操作に対して全員が不安と答えたが、取り組みの結果、円滑な導入と安全な血液透析が行え、スタッフの不安の軽減とヒヤリハットの減少に繋がった。
【まとめ】アンケートにより問題点や不安を明確化し、具体的に問題解決に取り組む事ができた。情報共有ファイルを活用する事で全員が最新の情報を知ることができ、操作ファイルを作成する事で必要な手順や情報が効率よく活用でき、統一した手順で安全に業務が行えた。

前へ戻る