演題情報

ポスター

開催回
第59回・2014年・神戸
 

AN69膜におけるASO予防について

演題番号 : P-3-063

辻村 律子:1、神信 達也:1、深川 真子:1、小川 俊太郎:1、高地 一輝:1、石橋 昌弘:1、堺 晃宏:1、篠原 健治:1、小野 孝彦:2

1:国際医療福祉大学熱海病院 診療技術部ME室、2:国際医療福祉大学熱海病院 腎臓内科

 

【目的】透析患者のASOに対し、ガンブロ社製積層型ダイアライザAN69膜による透析を施行することで下肢血流の改善効果があるとの報告がある。そこで、血液データの面からAN69膜による下肢血流改善効果の有効性を検討してみることとした。【方法】PS膜、PES膜、PEPA膜によるアレルギーのため、AN69膜を使用している患者3名と下肢血流改善のためAN69膜を使用している患者3名のAN69膜の使用開始前と使用開始後の血液データを比較した。【結果】患者5名中4名の患者からHDL値の向上を認めた。ただし、LDLについては、1名は変化なかったが、残りの4名からは値の上昇を認めた。また、5名全患者からAlbの上昇を認めた。【考察】HDL値の上昇から脂質代謝の面から下肢血流の改善効果があると考えられた。Alb値の上昇から栄養状態の改善が考えられ、浮腫の軽減やADL上昇に結び付くことで下肢血流の改善効果があると考えられた。

前へ戻る