演題情報

ポスター

開催回
第59回・2014年・神戸
 

当院の最近の長期留置またはカフ型カテーテル手術症例の検討

演題番号 : P-2-502

戸田 孝之:1、吉嶺 朝陽:1、渡邉 誠之:1、平井 俊行:1、内藤 省太郎:1、松井 則明:1

1:総合病院土浦協同病院 腎センター

 

【目的】当院の最近の長期留置またはカフ型カテーテル手術症例の状況について検討する。
【方法】2011年から2013年までのバスキュラーアクセス手術記録、診療録から長期留置またはカフ型カテーテル手術症例の件数、背景などを検討した。
【結果】2011年から2013年までの1年ごとのバスキュラーアクセス手術件数は117、130、149件で、各年の長期留置またはカフ型カテーテル留置術は3名6件、5名7件、10名10件と増加傾向であった。抜去術(入れ替えを含む)は2名4件、2名3件、1名1件であった。年齢の平均は78.5歳で、80歳以上が45%であった。観察期間中10名が死亡していた。カフ型カテーテルの割合が増加傾向であった。全バスキュラーアクセス手術に占める割合は8.5%、7.7%、7.9%であった。
【まとめ】長期留置またはカフ型カテーテル手術件数(患者数)は高齢、全身状態悪化、他のアクセス手術困難患者などで増加傾向であったが、他手術との割合は著変なかった。

前へ戻る