演題情報

ポスター

開催回
第59回・2014年・神戸
 

患者・家族を含めた援助、支援の充実~社会資源を活用し患者のQOLを低下させない取り組み~

演題番号 : P-2-331

宮城 リサ:1、越智 洋行:1、新宅 美和子:1、山本 多恵:1、池本 麻衣子:1、下池 朋子:1、下池 英明:1、高橋 尚:1

1:(医)高橋内科クリニック

 

【はじめに】透析患者の高齢化が進む中で、今や透析看護は高齢者看護と言える。一昔の透析をして帰るだけの看護では不十分で、患者の社会的背景を把握し、他職種との連携を図りながら患者個々に合わせた社会資源の活用を検討し、患者及び家族にアプローチしていく必要がある。今回、患者・家族を含めた援助、支援の充実を図るべく取り組みを行った。【方法】1. 患者の全体像の把握2. 問題点の抽出3. 患者・家族及び施設スタッフへのアプローチ【結果、考察】患者の全体像を把握し問題点をとらえ具体策を検討し、患者・家族へ関わった。さらにリーダー会議にて問題点の再評価を行い継続して関わりをもったことで、介護保険をどのように利用すれば良いのか分らない患者、ぎりぎりまで自力で頑張る患者、家に他人を入れたくない患者等が社会資源を活用するようになり、少しずつではあるが患者のQOLの向上・家族の介護負担の軽減に貢献することができた。

前へ戻る