演題情報

ポスター

開催回
第59回・2014年・神戸
 

SASを有する透析患者におけるASVの効果

演題番号 : P-1-652

中嶋 章貴:1、万木 孝富:1、甘利 佳史:1、岡本 貴行:1、飯田 剛嗣:1、大山 恭夫:1

1:守口敬任会病院 腎・透析科

 

【目的】中枢性無呼吸を有する透析患者にASVを装着し、心機能におよぼす影響を評価する。【方法】簡易検査により無呼吸低呼吸指数(AHI)≧20回/時を示した中枢性無呼吸を有する透析患者17名に対して自宅でのASV装着を目的とした訓練のため、透析中に計3回、ASVを装着した。ASV装着前後の透析中の血圧変動とhANP、BNPを測定した。【結果】透析中の血圧変動、BNPは変化を認めなかった。hANPは有意に低下した。【結論】ASV治療は透析患者の前負荷を軽減し、hANPを低下させる効果があると思われる。

前へ戻る