演題情報

ポスター

開催回
第59回・2014年・神戸
 

低心機能を伴う維持透析患者に透析中ASV(オートセットCS)を使用した症例

演題番号 : P-1-646

澤井 美希:1、馬場 ゆうほ:1、秋山 萌:1、小栗 直也:1、諸星 智之:1、高橋 一志:1、後藤 巨木:2、鈴木 大:2、角田 隆俊:3

1:東海大学大磯病院 臨床工学技術科、2:東海大学大磯病院 腎糖尿内科、3:東海大学八王子病院 腎糖尿病内科

 

【目的】透析中ASVを使用し、透析中の血圧維持、さらに心機能改善効果があるか検証した。
【方法】低心機能を伴う維持透析患者に透析中ASV(オートセットCS)を使用した場合と、しなかった場合での透析中の血圧、心拍数、クリットラインモニターによる循環血液量(ΔBV)を観察した。さらに、CTR、エコー、透析前後のBNPを測定し評価を行った。
【結果】低心機能を伴う維持透析患者に透析中ASVを安全に使用することは可能であり、心機能改善効果も期待できた。

前へ戻る