演題情報

ポスター

開催回
第59回・2014年・神戸
 

集中治療室におけるRO水再循環システムの検討

演題番号 : P-1-010

上ノ町 力:1、名倉 正明:1、河原 仁美:1、吉田 聡:1、縮 恭一:1、山本 純偉:1、溝上 君江:2、北島 こう:2、斎藤 知栄:3、楊 景堯:3、山縣 邦弘:3

1:筑波大学附属病院 医療機器管理センター、2:筑波大学附属病院 看護部、3:筑波大学附属病院 腎臓内科

 

【目的】本院の集中治療室ではループ配管方式によりRO水を個人用透析装置に供給している。ループ配管と各枝管途中までは熱水消毒が可能であるが、枝管末端に滞留部分が存在し汚染が懸念されるため、水質調査を行った。
【方法】各病室末端よりRO水を0.5L/minで流し、0.5Lおよび15L流した時点のET活性値と生菌数を測定した。測定箇所を使用頻度別に3群に分け両者比較した。
【結果】ET活性値、生菌数ともに0.5L時点より15L時点で減少が認められた。毎日使用群が最も低値で、未使用期間が長いほど高値であった。
【考察】15L時点のET活性値と生菌数は最大値でも水質基準を満たした。パージにてET値および生菌数を減少できたが、滞留部分の配管汚染が予測された。
【まとめ】滞留部分が存在するRO水配管システムでは枝管末端の定期的なパージが必要である。

前へ戻る