演題情報

ポスター

開催回
第59回・2014年・神戸
 

透析液清浄化に向けたRO処理装置と個人用透析装置の連動自動熱水消毒システムの検証

演題番号 : P-1-001

高橋 純平:1、森川 拓広:1、野木 雅仙:2、下田 研二:1、野中 達也:2、芝本 隆:3

1:清湘会聖橋クリニック、2:清湘会記念病院、3:すがも腎クリニック

 

【目的】従来、個人用RO処理水供給ループライン(LL)から分岐した個人用透析装置への給液ラインは未消毒であった。ニプロ社は個人用透析装置NCV10(V10)とRO装置(RO)の連動により自動で給液ラインの熱水消毒を可能とした。そこでシステムの検証を微生物汚染から評価した。
【方法】RO及びV10連動自動熱水消毒は週1回。V10は連日次亜Na1000ppmで消毒後、次亜Na25ppmにて翌朝まで滞留とした。評価項目は1)熱水温度でLL(20m)から分岐した給液ライン(1.5m)の装置入口側熱水通水時の温度。2)微生物汚染はエンドトキシン(ET)、生菌数(MF法50mL)を測定し、採液はLL末端のV10給液ライン、ETRF前、ROタンク後である。
【結果】1)給液ラインは通水開始3分で80℃に達した。2)ETは全て感度以下、生菌数も未検出だった。
【まとめ】RO処理装置と個人用透析装置の連動自動熱水消毒システムはLLからの給液ライン未消毒部分をなくし理想的な清浄化が維持できた。

前へ戻る