演題情報

口演

開催回
第59回・2014年・神戸
 

腎性貧血におけるL-カルニチン静注のESA減量による経済効果

演題番号 : O-0968

手島 和代:1、林田 征俊:1、江藤 りか:1、内山 浩子:1、久保 純子:1、熊 博和:1、白井 美千代:1、丸山 祐子:1、熊 博和:1、矢野 未来:1、小峯 麻耶:1、中島 さゆり:1、宮崎 健一:1、李 嘉明:1、澤瀬 健次:1、橋口 純一郎:2、原田 孝司:1、船越 哲:1

1:長崎腎病院、2:長崎腎クリニック

 

【目的】透析患者に対するL-カルニチン静注投与のESA減量効果を検討する。
【方法】当院で維持透析中の患者120名(CERA81名、DA39名、平均年齢75.2歳)に文書で同意を得た上で、L-カルニチンを毎透析後に1000mg静注投与し、Hb値を至適値に保ち、必要ESA量の変化等を検討する。
【結果】L-カルニチン1000mg各透析後の静注投与で、関連すると思われる副作用は認めなかった。観察期間3か月の時点で平均月間ESA投与量は、平均80.11±34.2から74.33±30.7へ有意に減少した。また、薬価ベースでESAの出費の低下はL-カルニチン薬価をカバー可能であった。
【考察】L-カルニチン静注投与は安全に施行可能であり、ESA減量により医療経済的にも有用である。

前へ戻る