演題情報

口演

開催回
第59回・2014年・神戸
 

日機装社製PEPA膜の溶質除去性能及び吸着性能の評価

演題番号 : O-0814

増村 貴義:1、丸山 和葵:1、中村 啓章:1、清水 和明:1、中村 裕紀:2、牧野 靖:2、田村 克彦:2、長澤 正樹:2

1:篠ノ井総合病院 臨床工学科、2:篠ノ井総合病院 腎臓内科

 

【目的】
FLX-15GW(以下FLX)、BG-1.6PQ(以下BG)、APS-15SA(以下APS)の溶質除去性能、吸着性能の評価を行った。
【対象・方法】
維持透析患者6名を対象にFLX、BG、APSの3膜をクロスオーバにて使用した。条件は透析時間4時間、QB200ml/min、QD500ml/min、各種クリアランス(以下CL)、除去率、除去量、Alb漏出量、吸着の評価として吸着CLを算出し、電気泳動にて吸着バンドを評価。
【結果】
CLにおいて小分子ではAPSが他の2膜に対し高値を示す傾向があった。また除去率ではCr、β2-MG共にFLXに対しAPSで有意に高値、α1-MGではBGがFLXに対し有意に高値であった。Alb漏出量はFLX、BG、APSそれぞれ0.93、4.50、0.26g/sessionであった。電気泳動結果よりFLX、BGには異なる吸着バンドがあった。
【考察】
CL、除去率の結果から、FLX、BGはAPSと比較しブロードな除去特性を持つことが推察された。FLXとBGの蛋白吸着領域の違いは、膜構造の違いが影響していると考えられた。

前へ戻る