演題情報

口演

開催回
第59回・2014年・神戸
 

Team STEPPS導入に向けて~チーム力を向上させるための取り組み~

演題番号 : O-0724

高岡 伸次:1、富田 琴美:2、磯崎 泰介:3

1:聖隷浜松病院 臨床工学室、2:聖隷浜松病院 看護部、3:聖隷浜松病院 腎臓内科

 

【目的】 近年、医療安全において、「人は誰でも間違える」を前提に、ヒューマンエラー防止策「Team STEPPS」を導入する施設が増えている。しかし、Team STEPPSが有効に機能するためには、スタッフ間の良好なチームワークが必須である。 今回、2013年度に当院腎センターでTeam STEPPS導入に際して実施した、「チーム力向上の取り組み」について報告する。【方法】 1)チームについての演習と講義を実施した。 2)ノンテクニカルスキルの講義を実施した。3)Ns・CEでグループを結成し、年度目標を作成・共有し実践した。【結果】 取り組みにより、Ns・CE間で協議する機会が増え、職種間の意思疎通が改善した。一方、「どう伝えればよいのか」などコミュニケーションエラーを感じる事例も出現し、今後の課題が明確になった。【考察】 取り組みの過程で、アサーティブを意識し実践できる組織構築を行う事が、ヒューマンエラー減少に有効と考えられた。今後、更なるチーム力向上のため、ノンテクニカル教育充実に取り組みたい。

前へ戻る