演題情報

口演

開催回
第59回・2014年・神戸
 

透析アミロイド症に対する6年間の日帰り手術統計

演題番号 : O-0571

森田 弘之:1

1:森田シャントアミロイド治療クリニック

 

平成20年6月に名古屋市内に透析アミロイド症の日帰り手術クリニックを開業した。平成20年6月より平成25年5月までの5年間の手術件数は手根管開放術 1480手、肩、烏口肩峰靭帯切除術 487肩、ばね指に対する腱鞘切開術 2491指、肘部管開放術 39肘、手背アミロイドーシスに対する伸筋支帯切開術 39手であった(学会では平成26年5月までの6年間の手術件数を報告する予定である)。
全例日帰りの手術で、手根管と肩関節は内視鏡の手術であった。全て術翌日まで患部に沈子固定を行い、翌日が透析の場合、透析終了後に沈子除去とした。肩関節症と肘部管の術後には2時間ほど臥床安静で経過観察し、問題なければ帰宅という方針で対応したが、全例帰宅可能であった。術後大きな合併症はなく、関節の透析アミロイド症に対する手術は日帰り手術でも十分に対応できることがわかった。また、日帰り手術をすることにより、無床診療所であっても遠隔地の患者も受け入れ可能であり、北は北海道から南は沖縄まで診療圏が拡大した。

前へ戻る