演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

東海腎臓病栄養食事研究会 発足から現在の活動報告

演題番号 : P-5-255

清水 和栄:1、井上 啓子:2、工藤 由美:3、高橋 恵理香:4

1:白楊会病院 栄養部 東海腎臓病栄養食事研究会、2:至学館大学 健康科学部 栄養科学科、3:増子記念病院 臨床栄養課、4:偕行会セントラルクリニック

 

2009年11月、東海地区の栄養士および管理栄養士を対象とした腎疾患領域の会を発足した。目的としては腎と栄養に関する幅広い学習・研究を行うことで、東海地区の患者様への治療の一端を担う立場として、医療に貢献するという考えのもと、栄養士および管理栄養士の結束と質の向上を図ることにある。現在の活動は年2回の研修会と「CKDステージ2・3・5の栄養管理の研究」、「論文抄読会」、「血液透析患者の5年毎の栄養状態の評価」について、それぞれのグループに分かれて2ヶ月に1回のペースで研究会を開いている。発足から現在の活動状況、そして今後の課題、さらにはグループ活動を始めたことで出来上がりつつある栄養士間連携についての会員アンケート調査の結果も含め報告する。

前へ戻る