演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

当院透析患者の通院支援~福祉有償運送~

演題番号 : P-5-224

谷本 真一:1、松尾 千鶴子:1、仙田 哲朗:1、早川 幹雄:2

1:新見クリニック、2:NPO法人新見地区腎友会

 

新見市は岡山県北西部の人口3万4千人足らずの地域で、県北西部唯一の外来透析施設である。少子高齢化、核家族化が進み家族の協力が得られないこと、また、公共の交通手段が近くにないことなどから自力通院できない患者が増えてきた。平成12年11月、送迎についてのアンケートで患者の77%の方が病院による送迎を希望し、それを踏まえ平成13年2月より専用車両を購入し有償送迎を開始した。平成18年10月1日から道路運送法の改正により無料送迎にした。平成21年3月、患者会がNPO法人の認証を受け、平成22年1月から患者会による福祉有償運送が開始となった。今回我々は、福祉有償運送に至るまでの経緯、現在までの経過について報告する。

前へ戻る