演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

幅広テープ(幅5cm)で貼れば,抜針事故なし~静脈を先に刺して回路とつなぎ,ポンプを回して生食を静脈に流し続ければ,血が固まらず,丁寧に貼れる

演題番号 : P-5-146

久納 康嗣:1

1:名古屋市立西部医療センター 内科

 

【方法】針と回路を幅の広いテープ(幅5cm)で貼る. 【結果】回路を引っ張る患者でも抜針事故なし. 【考察:動脈側を先に刺す場合の問題点】 動脈を先に刺した後,静脈穿刺に時間がかかると,血が固まる. 【針が抜けないように時間をかけて丁寧に貼る方法→静脈を先に刺す】 1)先に静脈側を刺し,回路とつなぐ.しかし,次の動脈穿刺で時間がかかれば,静脈針内で血が固まる. 2)そこで,ポンプを回し,静脈針に生食を流し続ける. →静脈針内で固まらない→時間をかけてテープを丁寧に貼れる. 3)血管内に生食が流れて血管が膨らむ→次の動脈穿刺は容易. 【文献】久納康嗣:ヘパリンなしでプライミングしても凝固しない方法-静脈を先に刺し,回路とつなぎ,ポンプを回して,回収液が静脈に流れるようにしつつ,動脈を刺す[P-1231]透析会誌39:939,2006

前へ戻る