演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

シャント管理における超音波画像診断装置(Sonosite社製 Nano Maxx)の使用経験

演題番号 : P-5-019

千葉 慶太郎:1、高山 修一:1、玉城 吉得:1、徳田 拓:1、小杉 玲菜:1、鈴木 宏彰:1、本木 香代:1、内田 勝美:1

1:セコメディック病院 血液浄化センター

 

【目的】血液透析患者のシャント管理における超音波画像診断装置(Sonosite社製 Nano Maxx)の使用経験および有用性について報告する。【方法】当院の維持血液透析患者で臨床的にシャント機能不全の可能性のある症例を対象とした。シャント造影検査と超音波画像検査を行いその有用性を評価した。【結果】シャント狭窄部位の同定および程度評価において、超音波画像検査とシャント造影検査ともに差は無かった。超音波画像検査は簡便に施行でき、シャント管理に有用と思われた。

前へ戻る