演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

精神疾患の為、自己管理できない患者との関わり

演題番号 : P-4-341

河合 静代:1、兵藤 美穂:1、山内 千代美:1、山城 笑子:1、小林 史代:1、天野 博史:1、春日 弘毅:2

1:(医)偕行会豊田共立クリニック、2:(医)偕行会名古屋共立病院 腎臓内科

 

【目的】自己管理不良の為、溢水を繰り返す患者との関わりを検討する。【対象・経過】60歳代女性 透析歴6年 独居 原疾患糖尿病性腎症 平成XX年3月当院へ転入。転入当初より、DW15%の体重増加を繰り返す。血糖コントロール不良、服薬コンプライアンスも不良。最大透析間隔後の月曜日明け方に溢水症状現れ、基幹病院で緊急透析を施行されることが度々あった。【結果・考察】度々の緊急透析の為、火木土クールへ変更。非透析日の月曜日は体重測定に来院し、DW+3kg以上増加時は臨時透析を行い、基幹病院への駆け込みを少なくした。独居での服薬管理不良に対し、透析来院時だけは管理与薬とした。イベントがある度に家族に連絡し、説明と協力をお願いした。しかし、今回永眠という残念な結果となったが、この経験を今後の看護に生かしていきたい。

前へ戻る