演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

中空糸内表面の親水性を向上させた東レ社製ポリスルホン膜トレライトNVの臨床評価

演題番号 : P-3-233

杉本 攻:1、溝渕 繭美:1、島本 友:1、吉岡 寿子:1、小谷 英誉:1、刈谷 真弓:1、入口 弘英:2、原 郁夫:3、竹下 篤範:4

1:竹下病院 透析室、2:竹下病院 泌尿器科、3:竹下病院 内科、4:竹下病院 外科

 

【目的】東レ社製トレライトNVは、中空糸内表面の親水性を向上させたモイストタイプダイアライザーである。このダイアライザーの除去性能および経時変化、抗血栓性を従来使用のPS膜と比較検討する。 【対象および方法】対象は当院にて旭化成クラレメディカル社製APS-15SAを使用中の安定期維持透析患者6名。ダイアライザーをNV-16Uに変更し、溶質除去性能として小分子量物質、β2-MG、α1-MGの除去率、除去性能の経時変化としてAlb漏出量の推移、抗血栓性として残血スコアを測定した。 【結果】従来のAPSにて見られていた残血が、NVにて改善した症例が見られた。 【結語】NVは抗血栓性が向上している可能性が示唆された。

前へ戻る