演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

当院におけるVA管理の実際

演題番号 : P-2-268

今成 千晶:1、市川 純恵:1、成田 幸子:1、坂井 あずさ:1、月山 亜紀:1、中川 いずみ:1、山田 真也:1、橋本 孝一:1、増子 佳弘:1、大平 整爾:1

1:(医)東桑会札幌北クリニック

 

【はじめに】当院では医師穿刺のため、スタッフのVAに対する関心が低かった。これまで患者、スタッフへのアンケート調査、VA MAP とVAチェック表の作成などを行い報告してきた。今回、さらにVA管理マニュアルの作成、VAチェック表の改良を行ったのでここに報告する。【方法】当院スタッフを対象としたVAに関する知識と対処法を整理したマニュアルの作成、チェック表の項目整理と記入欄の改良を行った。【結果】VAにかかわる操作やトラブルの対処法を標準化することができた。また、スタッフのVAに対する関心が高まりVAチェック実施がスムーズになってきた。【考察】これまでVAチェック表などを徐々に導入し、マニュアルを作成することでスタッフの理解を深めることができたと考える。しかし、これらのVA管理ツールが独立したものであるので、今後関連性を浸透させる必要性を感じた。【おわりに】今後は各スタッフが統一した患者教育、指導ができる環境づくりを行なっていきたい。

前へ戻る