演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

排液ロートの洗浄方法の検討 2

演題番号 : P-2-217

伊藤 禎幸:1、渡邊 理沙:1、寺本 献治:1、内藤 隆:1、松之迫 満:1、三輪 真幹:2

1:熱田クリニック 臨床工学部、2:熱田クリニック 内科

 

【目的】今回、コンソール新規更新にともない排液ロートを透析機器から無くせないか検討した。 【方法】当院で使用しているTORAY TR‐3000MAのOUT側クリーンポートを使用し自動プライミングを行い透析機器・プライミングに不具合が出ないか運転試験した。 【結果および考察】OUT側クリーンポートを使用し透析機器に不具合なくプライミングを行えた。 今後、増えるであろう透析液プライミングでは、排液ロートやそこから伸びるシリコンチューブに汚れ・藻に加え炭酸カルシウムの付着が考えられる。そのためコンソールなどと同様普段行っている透析前後の洗浄・消毒を利用し排液ロートを毎日洗浄するか、もしくは排液ロートを使用しないことが必要だと考える。 透析機器メーカに今後、このようなシステム等を標準装備して頂ける事を強く望む。

前へ戻る