演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

熱水消毒対応ROシステムDRO-EXの導入経験

演題番号 : P-1-219

石上 洸:1、前田 哲也:1、橋口 誠一:1、西本 幸司:1、小川 円:1、白石 邦雄:1、田崎 春奈:2、唐原 靖司:2、松下 芳雄:2、松岡 潔:2、有薗 健二:2

1:国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院 透析室、2:国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院 腎臓科

 

【目的】当院では、個人器の透析液より、生菌・ETが検出されていた。個人器内部にバイオフィルムなどの原因巣はみられなかったため、ETRFを装着しそれらの流入を阻止していた。個人器枝管を新しく交換した際に旧枝管を検査したところ、バイオフィルムが巣くっていた。また、生菌・ETも高値を示していた。平成21年11月より熱水消毒対応RO装置を導入しRO水配管(枝管も含めた)の熱水消毒を始めた。1週間に2回の熱水消毒を行ってはいるが各個人器のユースポイント(RO水)での評価は行っていない。そこで今回我々は、熱水消毒のサイクルを個人器について評価した。【方法】生菌・ETにより各個人器のRO水ユースポイント・透析液(6台)をチェックする。

前へ戻る