演題情報

ポスター

開催回
第56回・2011年・横浜
 

外来透析クリニックにおけるLDL吸着療法(LDL-A)への取り組み~スタッフ教育を通じて~

演題番号 : P-1-042

川合 奈美:1、岡本 喜美子:1、虫賀 督幸:1、川越 由美枝:1、春日 弘毅:1

1:偕行会セントラルクリニック

 

【はじめに】ASOに対するLDL吸着の治療は注目されているが、外来で透析とLDL吸着を併用して行うにあたりスタッフのスキルが問題となってくる。 【背景】当クリニックにおいても昨年度より、ASO治療目的でLDL吸着を行うようになっている。以前は入院し二重濾過血漿交換療法(DFPP)を施行し、創部が改善した状態にて退院し外来維持透析を再開していた。 【目的】ASOの治療に対する学習会を開催しスタッフの知識・技術のスキルアップを目的とする。 【対象・方法】透析室スタッフ、看護師33名 臨床工学技士12名。勉強会の前後にてアンケート集計し評価する。 【まとめ】勉強会を行ったことにより今まで関わったことのないスタッフがLDL吸着治療、ASOに興味をもつことができ、チーム全体で関わることが可能となった。この度吸着治療を施行した患者は、末梢循環の改善を示唆する結果が得られ、LDL吸着はASOを合併した透析患者の足指切断を回避するために有効な治療のひとつであると考えられる。

前へ戻る